NEWS TOP

2017.03.17

【<世界最速>来日記者会見レポート】映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』スカーレット・ヨハンソン×ビートたけし/監督、ピルー・アスベック、ジュリエット・ビノシュが自信作を引っ提げTOKYOに集結!

_aaa2483_r

この度、昨年の11月に続き来日した、本作の主演を務める“昨年度、最も興収を上げたハリウッド女優:スカーレット・ヨハンソンとスピルバーグに才能を認められた新鋭監督:ルパート・サンダース、本作では“攻殻ファン”に大人気のキャラ“バトー”を演じ、初来日となる俳優ピルー・アスベック、さらに8年ぶりの来日となるフランスを代表する大女優・ジュリエット・ビノシュ、スカーレット・ヨハンソン演じる少佐の上司・荒巻役:ビートたけしが登壇する記者会見を実施いたしました。

今回の記者会見は、スタジオの意向により原作誕生の国・日本で<世界最速>の実施となりました。

□=================================================================□
『ゴースト・イン・ザ・シェル』来日記者会見 概要

■日程:3月16日(木)

■登壇者:スカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、ピルー・アスベック、ジュリエット・ビノシュ、ルパート・サンダース監督

■場所:ザ・リッツカールトン東京2F グランドボールルーム
□=================================================================□
<以下イベントレポート>

全世界から超注目の作品であり且つ、世界最速での実施となる記者会見であるだけでなく、スカーレット・ヨハンソン、ビートたけしといった大物ゲストも登壇することから、当日は、TV、スチール総勢約200媒体ものマスコミが会場に集結。

熱気に包まれる中、主人公・世界最強の少佐を演じたスカーレット・ヨハンソンをはじめ、エリート捜査組織・公安9課の課長荒巻大輔を演じたビートたけし、主人公の少佐の相棒・バトーを演じたピルー・アスベック、本作オリジナルキャラクターであるオウレイ博士を演じたジュリエット・ビノシュ、ルパート・サンダース監督が登場するとそれぞれに挨拶。

スカーレット:「非常に長い期間をかけて作り上げた作品となりますが、日本は最初に観ていただくのに最も相応しい場所ですし、やっと観ていただけることに興奮していますし、とても嬉しく思っています。」

たけしさん:「はじめて、本格的なテクノロジーを駆使した、すごい大きなバジェットの映画に出演できたことはとても良い経験になりましたし、役者としてどう振る舞えばよいのかということをスカーレット・ヨハンソンさんに教えてもらいました。素晴らしい映画ができたと思っています。」

ビルー:「初めて来た日本ですが、既にもう好きになりました。夕べ着いて、早速神戸牛を食べたのですが、最高でした!とても努力して完成させた作品なので、やっとみなさんと分かち合えることが嬉しいですし、光栄に思っています。」

ジュリエット:「日本発祥のコンテンツなので、この作品と共にまた日本に帰ってこれたことを嬉しく思います。最初に脚本を読んだときは、書いてある内容が暗号のように思えて解読するのが難しく、演じるのに大変な役柄でしたが、素晴らしいアーティストたちと素晴らしい仕事ができたと思っています。」

ルパート監督:「押井監督の映画版は僕が美術学生の時に出会った作品で、実写化するなら私がやりたいと強く思っていたのですが、スピルバーグがつくると聞いて諦めていたんです。でもつくれることになりました(笑)日本の素晴らしいアニメや漫画を私の作品を通して知ってほしいしと思いますし、このコンテンツを生んだ日本は素晴らしいと思います。」

続いて、日本発のコンテンツ『攻殻機動隊』の実写化(プロジェクト)に参加しての感想を問われると、それぞれが熱くコメントを寄せました。

スカーレット:「オファーを受けてはじめて押井監督の映画版を観たときに、非常に詩的で哲学的な世界観ということもあり、この少佐という役が果たして演じられるのか正直ひるみました。しかし、このキャラクターにはとても興味を惹かれたのとルパート(監督)とパートナーシップをとっていくことにより、映画の中にはルパートのもつオリジナルの世界観も描かれることを知っていき、踏み出すことになりました。原作はとても偉大な作品だし、とても責任を感じましたが、素晴らしい経験となりました。今回は演じる上で精神的にも肉体的にも非常に苦労しましたが、今回演じたキャラクターと共に、人としても役者としても成長するができました。」

たけしさん:「原作はとてもマニアックでこういった作品は実写化などされるにあたり、文句を言われるのが定説ですが、今回は原作にとても忠実で、これまで実写化されてきた作品の中ではじめての成功例なんじゃないかと思っています。唯一の失敗は(たけしさんが演じた)荒巻かなと。監督がこの作品にかけていることも伝わりましたし、大きなスクリーンで観てほしいです。」

ピルー:「原作は多くのファンをもつ作品であることもあり、勿論参加することはこわかったです。また僕が演じたキャラクターはとても愛されているキャラクターなので不安もありました。しかし、素晴らしいチームのお陰でその不安は吹き飛ばされました。撮影現場も非常に楽しかったです。元々押井監督の映画版のファンで14歳のときに出会った作品なのですが、この作品で描かれる、“自分のアイデンティティーを探す旅”について当時とてもシンパシーを感じました。
押井版のバトーは、寡黙でクールなキャラクターであり自分との共通点は見られなかったのですが、今回のオファーを受けて、士郎正宗さんの原作漫画を読み、そこで描かれるバトーはピザとコーラが好きなキャラクターで自分との共通点を見出すことができたので、今回この役を演じられることを非常に嬉しく思っています(笑)」

ジュリエット:「脚本はさっぱり理解できず、SFも馴染みがなかったのですが、息子が3D映像関係の仕事をしていて押井監督の映画版の大ファンだったんです。
それで息子が脚本を読んでとてもおススメされたことが本作に参加する後押しとなりました(笑)
独自の暗号のような言葉が存在していたりと理解するのに苦労しましたが、監督とディスカッションを交わしあいながら役作りをしていきました。国際色豊かなスタッフたちがとても頑張っていて、非常に刺激的な現場でした。私が演じたキャラクターは、とある悪徳企業と組んでスカーレット演じる少佐をつくりあげる役でしたが、自分の人間性と向き合うキャラクターでもあり演じるのは難しかったですが、とても演じがいのある役でした。私は『GODZILA』にも出演していて日本とはゆかりがあるようで(笑)、今回をきっかけに日本のアニメや漫画にも興味を持つようになりました。

ルパート監督:「常にプレッシャーは感じますが、キャストとも約束を交わしたようにひとりのクリエイターとして恥のないようなものをつくらなければならないと思いました。
疲労困憊しましたが、とにかく最高のものをつくろうという一心で自分の力を全開にしてやりつくすという気持ちで挑んだ作品です。できるだけ世界中の多くの人の心に響く作品になればと思っていますし、多くの方に観ていただきたいです。」

その後は、マスコミからの質疑応答に答えました。

Q.ハリウッドと日本との映画つくりにおいての違いは何だと思われましたか?(たけしさんへの質問)

たけしさん:「自分が監督をやるときは、ワンテイクが多いですが、とにかくカメラの台数が多いし、ただ歩くだけでも5.6カット撮るのには驚きました。“OK!じゃあもう一回!ワンダフル!じゃあもう一回!エクセレント!じゃもう一回!といった具合にね(笑)これはお金かけているなと思いましたね。」

Q.本作では、貴方が演じる少佐の“自己発見の旅”についてがテーマのひとつとして描かれていますが、貴方が新たに自己発見したことがあれば教えてください。(スカーレット・ヨハンソンへの質問)

スカーレット:「とてもパーソナルな質問ね(笑)ここ5.6年で興味を持っているのが、不快なおもいをしたときに、自分の精神状態や肉体的影響はどうなっているかということを意識的に感じるということなのですが、その感情は役者としても利用していけるものなんです。今作では存在の危機にさらされるキャラクターを演じましたが、自分の経験を元にこの役と共に困難を乗り越えられたと思いますし、自分自身が人としても役者としても成長せざる得ない作品になったかと思います。」

Q.今回の実写化が成功するために考えたことはなんですか?(ルパート・サンダース監督への質問)

ルパート監督:「アニメを実写化するというのは難しいですし、今回は様々な面においてチャレンジがありました。
例えば、バトーの義眼だったり、荒巻の髪型だったり、少佐のボディスーツなどは一歩間違えれば滑稽になってしまいます。
また、日本映画を意識したカットを取り入れてみたり、黒澤明監督の『酔いどれ天使』とリドリー・スコットの『ブレードランナー』を合わせたような世界観をつくりあげるというチャレンジもしました。ポップコーン映画ではなく、観た後にディスカッションできるような、それぞれに考えてもらえるような映画にしたかったんです。
スカーレットが素晴らしい演技をみせてくれました。そして、技術革新が進む中で何が人間たらしめるのかというテーマは、原作の士郎正宗さんがパイオニアだということも改めて伝えたいです。」

以上。