NEWS TOP

2017.04.04

アニメ作品でのキャストがハリウッドの実写映画において、同役を務めるのは史上初の試み!
アニメ版”草薙素子”役 田中敦子が6年ぶりに同役演じたその胸中を語る!「吹き替え版では私たちのゴーストを吹き込むことが出来ました」
お馴染みのセリフ「ネットは広大だわ」も飛び出しファン大興奮!

押井守の監督映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』での集結から22年、その続編にあたる『イノセンス』や神山健治のTVアニメシリーズ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」などで声優を努めた、田中敦子さん(草薙素子役/※ハリウッド版においては“少佐“役)、大塚明夫さん(バトー役)、山寺宏一さん(トグサ役)がハリウッド実写版にて、『攻殻機動隊SOLID STATE SOCIETY 3D』から6年ぶりに同役で吹き替えを務めることが決定したことが発表されSNS上で大きな話題を呼びました。日本で生まれた漫画やライトノベル、小説などを原作とし、ハリウッドで実写映画化されてきた作品の中で、アニメーション作品で声優を務めたキャストがハリウッド作品の実写映画においても同じ役で吹替を務めるということは、史上初の試みとなり、『攻殻』ファンのみならず、日本のアニメ界においても、このような“逆輸入”作品でのキャスティングは非常に画期的な取り組みです。

この度、吹替版完成披露試写会に大人気声優の田中敦子さんが登壇する公開直前イベントを実施いたしました。

%e2%98%85_aaa6739
「攻殻機動隊」シリーズのファンが今か今かと待ちわびる中、田中さんが登場すると会場からは盛大な拍手が巻き起こり、田中さんは『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』を振り返りつつ本作の吹き替え版への想いを語りました。最後には、シリーズ通してお馴染みのセリフ「ネットは広大だわ」を生披露するなど、終始熱気に包まれたイベントとなりました!
□======================================================□

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』田中敦子さん登壇イベント 概要

■日時:4月4日(火)18:30~

■場所:神楽座(東京都千代田区富士見2丁目13−12 KADOKAWA富士見ビル1F)

■登壇者(敬称略):田中敦子

□======================================================□

<イベント実施レポート>

ファン待望のスペシャルゲストをいまかいまかと待ちわびる会場に、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』『イノセンス』「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」と長年、草薙素子の声優を務め、本作でも“少佐”の吹替を担当した田中敦子さんが登場すると盛大な拍手が巻き起こりました!

田中さんは「ただいま」と集まったファンに一言声をかけ、「『ゴースト・イン・ザ・シェル』日本語吹替版の“少佐”を演じました田中敦子です。今日はよろしくお願いします。」と挨拶。一人の観客として本作の感想を問われると「ハリウッドはなんとすごいことをしてくれたんだろう。“攻殻機動隊”の要素が散りばめられていて、ルパート・サンダース監督の押井監督への愛が止まらない。よくぞここまで…!とそんな印象です」と本作の指揮を執ったルパート監督を称え、「(屋上から)ダイブするシーンや光学迷彩を着て水辺で敵と戦うシーンなど、アニメの映像が浮かんできました」とハリウッドの映像技術と再現度の高さには驚愕した様子で振り返りました。

_aaa6614

今回、日本で生まれた原作がハリウッドで実写化された中で、アニメーション作品の声優がハリウッド作品の実写映画においても同役で吹き替えを務めるということは史上初の試みとなった本作。そんな中で、吹替キャストに選ばれたことについて田中さんは「私たちを選んでくださって本当に光栄でした。日本や海外でも話題になっていたこの作品ですが、私たちにとって最大の関心事だったのが日本語吹替版を誰がするのか、だったので。声優陣の方たちと話して今回、シリーズをご覧になった方たちに喜んでもらいたねというのが最終的な目標でした」と抜擢された喜びを露わに語りました。

バトー役の大塚明夫さん、トグサ役の山寺宏一さんと6年ぶりに同役で一緒にアフレコした感想を問われると「ハリウッドを背負うことにもなりますし、プレッシャーも感じていましたが、アフレコ当日はワクワク感がありました。私がジタバタしても仕方がないので、デビュー当時から兄のようにお世話になっている大塚さんと山寺さん、お二人についていけば自然と“少佐”が引き出されていく、そんな感覚で一日臨んでいました」とアフレコ時の心境を告白。また、現場ではそれぞれのキャラクターの関係性を話し合いながらアレンジも加えていったといい「例えば、少佐が荒巻に対しては敬語を使わない、ぶっきらぼうな口の利き方をするので語尾の修正を提案したりしました。他にも、トグサは少佐に対して必ず丁寧語だったり、バトーが荒巻のことを“オヤッさん”と呼んだり。公安9課の間で熟知していることは少しずつ提案して、台本に反映させていただきました」と明かしました。
また田中さんは「山寺さんが『目を閉じてセリフだけを追いかけるとアニメ版と一緒だよな~。アニメを観ているような感覚になるね』と言ってくれたのがとても嬉しかったです!」と一押しエピソードを披露する一幕も。

_aaa6643

本作では“少佐”、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』を始めとしたアニメ作品では“草薙素子”を演じてきて「一番近くて一番遠い存在。私はずっと少佐を演じさせていただきましたけど、私とは真逆のタフな彼女に憧れてきました。これまでオーディションを受けるなどして少佐を演じることが出来ましたが、今回も彼女は私の元にきてくれたんだなと思い、とても感慨深いです」と想いを滲ませました。
そして、MCよりこれまで“草薙素子”、本作では“少佐”を演じてきたなかで印象に残っているセリフについて問われると、田中さんはシリーズ通してお馴染みのセリフ「ネットは広大だわ」を生披露し、会場のボルテージは最高潮に!最後に田中さんは「本日は本当にありがとうございます。ハリウッドが作った『ゴースト・イン・ザ・シェル』は本当に素晴らしい攻殻機動隊の世界になっています。吹替版は95年のオリジナルメンバーのゴーストを吹き込むことが出来ました。私たちが心を込めて吹き替えた『ゴースト・イン・ザ・シェル』を是非お楽しみください」とアピールし、本イベントを締めくくりました。

【田中敦子さんからの貴重な特別コメント映像も到着!】


「ハリウッド版『ゴースト・イン・ザ・シェル』の日本語吹替の少佐を担当させて頂きました、田中敦子です。1995年のオリジナル『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』から22年経った今、ハリウッド版の『ゴースト・イン・ザ・シェル』がいよいよ公開になりました。」
「私たちオリジナルのメンバーが、公安9課揃ってゴーストを吹き込んだ、とても素敵な日本語吹替版に仕上がっていますので、是非劇場へ足を運んで頂いて、吹替版もお楽しみ頂けると嬉しいです。宜しくお願いします。」

以上。