NEWS TOP

2017.04.11

スカーレット・ヨハンソンの光学迷彩ファイトに唸れ!
攻殻実写化へハリウッドの本気度MAX!
名シーンの進化に興奮が止まらない本編映像到着!

この度、オリジナル版でも屈指の名シーンのひとつ、主人公が光学迷彩で敵を圧倒する戦闘シーンを圧倒的なハイクオリティで描き、攻殻機動隊の実写化にハリウッドが本気度MAXで挑んだことが伝わる本編映像が到着いたしました!!

レインコートを着た男が駆け抜けてきた先は、サイバーパンクを象徴するようなネオン煌めく近未来都市が奥に広がる用水地。不穏な気配を感じ取った男が銃を乱射するも手ごたえはなく、次の瞬間、光学迷彩で景色に完全に同化した少佐(スカーレット・ヨハンソン)が男を一蹴。姿を現してもなお無類の強さを発揮し、完膚なきまでに叩きのめしてしまいます。

攻殻機動隊シリーズが描く近未来の世界観を象徴する名シーンとして名高く、オリジナルでも人気の高いこのアクションシーン。スカーレット・ヨハンソンの体当たり演技はもちろんのこと、あまりにも見事な映像技術で再現された少佐の光学迷彩シーンをデザインしたのは、ニュージーランドに拠点を置きVFXの最先端を行くWETAワークショップ。この世界的に有名なデザイン・特殊メイク工房でクリエイティブ・ディレクターを務めるサー・リチャード・テイラーは本作の話を聞いた時のことを振り返り「アーティストとして、ファンとして、私たちはこのプロジェクトに参加せずにはいられなかったよ。原作は私たちWETAのみんなにとって大きなインスピレーションをもたらしてきた作品だし、そのキャラクターたちをアニメから取り出して、実写映画用の生きて動くキャラクターに作り上げるなんて機会は、想像もつかないほどのチャンスだったんだ!」と興奮を隠しません。

gits_ff_002r

映像表現に定評があり、もともと攻殻機動隊シリーズの大ファンだと公言しているルパート・サンダース監督も、オリジナルへの愛が溢れるこの場面を満足いくまで描けたのはテイラーのおかげであると大賛辞を送っています。「サー・リチャード・テイラーはテクノロジー、科学、そしてアートを横断できる数少ない映画製作者のひとりだよ。私は軽々しくこの言葉は使わないが、やはり彼は天才だ。志を同じくし、アーティスティックで、科学的で、才能に溢れた彼とそのチームに本当に参加して欲しかったんだ。」

このシーンを筆頭に、ハリウッドが誇る超一線級のスタッフ達による原作への大いなる愛とリスペクトが込められ、スカーレットをはじめとする俳優陣の熱演によって「攻殻機動隊」のさらなる進化を見せつける本作を、是非劇場でご覧ください!